スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザリガニ 飼育(冬眠させない)

ザリガニの飼育で冬眠させない冬越しの仕方です。

ザリガニを冬眠させない冬越しは水温を下げないことですから、水温を15~28℃に維持して活動できるように飼育します。

ザリガニの活動は冬眠どころか、これなら衰えず活発で活動的すから、エサも夏と同様に与え、水の取り換えも夏と同じ周期で行います。

※水換えの注意
ザリガニが冬眠するほど、冬の外気温は低いのですから、水もかなり冷たくなっているはずです。
水換えの水の温度にも十分注意する必要があります。また、水温の急変も起こりやすいですから、水槽内の水温も外気温を考えて、サーモスタットで調整できるようにして置く必要があります。

◆冬眠させない冬の飼育の注意
1664920_R.jpg

【注意事項厳守】
・冬でも脱皮する個体がいることに気をつける
・脱皮する個体は見つけ次第隔離する
・サーモスタットの設定温度は毎日「必ず確認」する
・ザリガニが落ち着かない状態に水槽を置かない

■ザリガニ飼育と水温の関係
外気温とサーモスタットの関連で、水槽内の水温は好きなように調整可能ですから、飼育者は神さまのようです。それだけに万全な注意が必要です。

・水温を下げればザリガニの活動は衰え、エサの量と水換えの頻度を減らすことができます

・水温が23℃前後の状態ですと、エサの量も普通で水換えの回数や、ザリガニの脱皮の頻度も通常とかわりません。

・水温を28℃前後に調節すると、ザリガニの活動は激しくなり、通常の時より、エサの量も水換えの頻度も増やす事になりますし、脱皮してしまうものもあります。

■冬の脱皮の注意
ザリガニの飼育で冬眠させないで居ると、冬でも脱皮する個体が少なくありません。冬でなければ他の容器へ簡単に隔離出来ますが、この時期では小さい容器では水がすぐに冷えてしまい危機にです。ご存知のように脱皮前後の甲羅は弱く、ザリガニの体力も弱っていますから外界からのストレスに非常に弱い状態です。

冬眠時期での隔離は、出来れば水温と水質が同じ条件の水槽を用意して置ければ一番ですが、スペース的にも経済的に大変なことですから、 目の細かいカゴ状ものを用意して、その中ににザリガニを乗せ同じ水槽の水面に浮かせ隔離して置くと良いでしょう。

◆冬眠させない冬越しの設備と準備

■必要な設備
・ヒーター
・サーモスタット
・エアレーション
以上が最低限必要です。

ザリガニの冬越しに用意するヒーターは加熱するだけですから、これを調節するサーモスタットを必ず用意する必要があります。

一般的に「ヒーター」「サーモスタット」は別のものですが、ヒーターにサーモスタットが内蔵されているタイプもあります。

■ヒーターの注意点
ヒーターはセットされて周辺を局部的に暖めるだけですから、水槽全体の水を循環させて、水槽内の温度を均一に保温する必要があります。そのためにはエアレーションが必要になって来ます。

エアーポンプでもフィルターでも良いのですが、ザリガニ飼育を考慮してフィルターを使うほうがオススメです。

スポンサーサイト

テーマ : 川・河・池・沼の生き物達
ジャンル : ペット

アメリカザリガニ 病気(予防と治し方)

アメリカザリガニ 病気の予防と治し方や、冬越しの仕方など、ザリガニについて簡単にご紹介します。

アメリカザリガニの病気も様々で治し方や、予防のしかたも色々ですが、水槽飼育で起きがちな病気を幾つかご紹介いたします。

◆水温ショック&pH(ペーハー)ショック
アメリカザリガニに現れる症状としては、ジタバタしたり苦しがったりして動きます。
対応策(治し方)としては、元の水に戻しててやることですが、無理であれば、取り替えた新しい水に慣れるまでそっと静かにしておきましょう。

(治し方・処置)
アメリカザリガニを飼育する水槽などの水取替えは、新たに取り替える水の水温と、古い水の水温と同じになるようにする必要があります。ですから、取り替える新しい水は水そうと同じ条件の部屋に置いておくとよいでしょう。
※飼育している水槽の水を全部いっきに取替えないように注意します。

◆アメリカザリガニの体にコケがついてしまう
コケの付着がひどくなると ザリガニが脱皮(だっぴ)に失敗してしまう事も起こります。
(治し方・対処)
・少量のコケの場合は、古い歯ブラシなどで軽くこすり取ってやりましょう
・あとは、脱皮の季節を待つしかありません
・水槽の水をこまめに少しずつ取替えましょう
・水位が低い飼育の仕方は多く出やしですから、水位を高くしてエアレーションすることです
・水そうも、できるだけ大きな物での飼育を心がけましょう

【アメリカザリガニ 冬越しのしかた 】
自然界の中では、冬は気温がさがるとザリガニの体温も下がってしまいます。
冬の間は土の中に深くもぐって冬眠しています

アメリカザリガニは適応力も強く丈夫なので、日本の寒い地域でも、そのまま水槽の中で冬越しをします。とは言え、屋外の飼育や、、水が凍ってしまうほどの気温のところへは置くことは避けなければなりません。。やはり、体温が下がっていますから動きはにぶくなり、当然としてエサはあまり必要でなくなります。。
【アメリカザニガニ 赤ちゃんの冬ごし】
アメリカザリガニはふつう、自然界においては、春~夏にかけて産卵します。
赤ちゃんザリガニは冬になるまでに、すでに大きくなっていますから冬越しも安心です^^
 
しかし、家の中の温暖な環境でアメリカザリガニの飼育をしていると、自然の中と異なり、晩秋や冬に繁殖して卵を産むこともあります。

アメリカザニガニの赤ちゃんは寒さ(冷たさ)で動けずエサを食べられませんから、発育できずに、へたをすると死んでしまうこともありますから、このまま冬眠させては危険です。

(冬越しの対応策)
水位を高く(深く)して、エアレーションヒーターを入れ温度調節に注意しましょう。
夏と同じような環境作りで、ざりがにの赤ちゃんは元気に活動して、餌も充分にを食べるようになり、成長も早くなります。

関連リンク:ザリガニの寿命を延ばす飼い方(Ⅱ)

テーマ : 川・河・池・沼の生き物達
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。