スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチダザリガニVSニホンザリガニ

ウチダザリガニは日本のザリガニである「ニホンザリガニ」と比較するとやや大型で体長は15センチ程になり、雑食性ではあるが、とても気性が荒く、共食いすることが多いという。


ウチダザリガニはアメリカザリガニと共にニホンザリガニを駆逐した元凶といわれている外来種で日本では帰化生物です。

北米大陸を原産地として、現在では北海道の一部と、滋賀県や福島県のなどの河川、湖沼での生息が確認されますが、近年益々その分布生息地は増加の傾向にあります。

日本への移入は養殖(食用)のために、1920年~1930年代に輸入されて、北海道に放流したといわれます。時期的には神奈川県下に養殖ウシガエルの餌として日本に入って来たアメリカザリガニと同時期でなかったかと思われます。

有名な話しですが、北海道大学の内田了教授の功績に敬意を表しウチダザリガニと命名されたのが和名の謂れであります。


在来種であるニホンザリガニを凌駕して北海道では環境問題にもなり、特定外来生物に指定され環境省の許可なく飼育したり持ち込むことはできません。
ウチダザリガニはニホンザリガニと生息域が競合して棲息域を圧迫する帰化種です。

食用として、北米から移入さられ、ニホンザリガニの敵と悪名高きザリガニのウチダですが、実際の味はと疑問に思いますが、ことのほか美味さはいいようです。

ウチダザリガニ爪の肉は、歯触りはカニ爪だそうです。
「ザリガニミソ」はカニミソそのものだといいますし、臭味もなく、身は食感がエビでカニ風味だといいます。ハナサキガニに似た味だという人が多いです。

テーマ : 川・河・池・沼の生き物達
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。